CoCo★Key カナダで綴る心の記録 ~幸せの「うひょ・うひょ菌」培養計画書~


<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧



再挑戦!

先日、夫とセーリングに行ってきた。
かれこれ もう、8年ぶり…。

夫の趣味はセーリングで、セーリング・クラブにも属しており、
相当、ハマっている。

私も、過去何度か、セーリングに挑戦したのだが、それはもう
散々な目にあってしまった。

まず、夫がまだ初心者の頃、5月とはいえ、ブルブルと震える、
寒い寒いカナダの海に、繰り出した。 そうしたら、思~い切り転覆し、
もう凍え死ぬのでは?と思ったほど、震えが止まらない経験をした。

私は、思いきり、かなづちだし、船に乗っていて、転覆した経験など
無かったため、寒さも辛かったけど、怖くて怖くて、ブルブルだった。

そして、次は、「も~っと大きなセーリングボートを借りたから、今度は
転覆もしないし、濡れないし、絶対大丈夫!だから、島へ行こう!」
という夫。

私は何も知識がないので、手伝えないけど、大丈夫なのか確認したら、
「操縦は自信がある!」というので、付いて行ったら…

そんな大きなボートを扱うのが、初めてだったらしく、
遠出して船着場に着いた途端、風で流され、思い切り、底をすってしまい、
高価な借り物のボートを思い切り、傷つけてしまった。 

そりゃもう、島中、大騒ぎだった…。ハァ。。

おまけに、帰りは、海が大荒れで、技術がない夫は、悪天候に
たちうち出来ず、横を通りすぎる、大型タンカーに助けを求め、
海上保安庁に電話してもらい、救助されるハメになった…。

今だから笑えるけど、真っ暗な荒れ狂う海に、救助を待っていた
ときなんて、船体が転覆しそうなほど傾くのを見ながら、
「ああ… もう、私は死ぬんだ…」 と、覚悟したほど、この航海は、
トラウマになった。

それ以来、夫は、ずっとセーリング・クラブに属して、夏になると
毎日のように、セーリングに出かけていったが、いくら誘われても、
私は、嫌だ!と言って、絶対、一緒にセーリングに出かけなかった。

セーリングに関して、全然、夫を信用していなかったのだ。

しか~し、今年に入って、なんだか 新しいことに挑戦したくなった
私は、「わたしも セーリング行ってみる!」と、宣言し、夫に
再び身を託し、小さなボートに乗り込んだ。

セーリングを始めてから8年も経つのだから、当たり前なの
だろうが、夫の上手な操縦ぶりに、驚かされた。

水の上での交通ルールや、どこに気を配っていないといけ
ないのかなど、いろんなことを教えてくれる。

そして、あれほど、嫌だ!と思っていた、トラウマのセーリングは、
なんて気持ちの良いものなのだろう~♪と、感動した。

水と空の青さ、山の深い緑、少し冷たい風…
本当に気持ちいい。

前々回の日記で、過去の書き換えが必要だ…と書いたが、
今回のことは、まさにコレ。 8年も経ったら、色んな意味で
夫だって成長しているのだから、最新情報に書き換える
必要があったのだ。

そして、もう1つ驚いたのは、私の成長。

8年前は、海に落ちるのが怖くて、怖くて、ちょっと波が高くなり、
船体が傾くと、チビリそうな勢いで悲鳴をあげていたのだが、
今回は…

「ひっくり返ったら、泳げばいいさ~
ライフジャケットだって付けてるんだし、死なないよ!」

と、肝の据わった言葉を発している私に気付いた。
8年間で、私も 相当、どっしりとして来たらしい。

小さなセーリングボートに乗って波しぶきを、バンバン受けながら、
「この8年で、お互い、成長しましたねぇ~」 と、つぶやく私達。

「こんな 素晴らしい景色が見れるなんて、驚きだよ。
連れて来てくれて、ありがとうね♪」

夫に、感謝出来た、ナイス~な休日の ひとこまであった。



みなさまも うひょ・うひょな 再挑戦を♪



ーーーー

いつも応援ありがとう♪ ぶちっとひと押しお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-26 15:52


うひょ風邪

結構、ヘビーな風邪をひいて、寝込んでいた私。

熱も高くて、本当にしんどかったのだが、私は、風邪を引く
たびに、めちゃくちゃ 嬉しくもなり、ホッとする。

風邪なんか引いて、どうして嬉しいのかというと、わたしが癌だった
ころ、3ヶ月くらい、3時間睡眠だったにも関わらず、一切、
風邪が 引けなかったのだ。

普通、睡眠不足などで体が弱ってくると、体が、
「これは大変!休ませなくちゃ大きな病気になっちゃうよ~」 
と、意識的に菌を体内に取り入れてくれる。

その結果、熱が出て、体がだるくて、強制的に休まされるのだ。

食欲がなかったり、吐き気がするのは、食べ物を拒否して、
内臓全体を休ませるため。 すべて意味がある。

風邪を引くのは、体から守られ、愛されている証拠であり、
本当にありがたいことなのだ。

癌になると、目がさえて、ほとんど眠れなくなる。
寝ていないから、相当、体は疲れているはずなのに、がん細胞が
風邪の菌を取り入れることを許さない。

なぜなら、体が休まってしまうと、癌細胞が活動できない
わけで、そんな 体にとってありがたいことなど、阻止されて
しまうのだ。

ここ何日間か、寝不足が続いていた私が、こうやって
風邪を引かせてもらえた。

体が休養が必要ですよ と、教えてくれ、私を布団まで
引っ張っていってくれた。

体から愛されてるなぁ~ と、思うと、本当に幸せな気持ちになる。

せっかく休養してねと言ってもらったのだから、風邪薬は飲まないで
睡眠、睡眠、栄養、睡眠、栄養… と、しっかり休んだ。

カナダでは、風邪をひいても、薬は一切出ない。
お医者さんは、「睡眠、水分、ビタミンCとって休養してください」と
いうだけ。 

風邪の目的は、「体を休ませること」なので、薬で散らさず、その目的を
かなえることが大切なのだ。

風邪を引くことを当たり前のこととか、やっかいなことだと
思わない方がいい。

体からの愛情表現なのだから、本当に幸せなことなのだ。

もちろん、普段から睡眠&栄養をちゃんととって、健康なのが、
1番、幸せなことだけど、風邪をひけることも
また、本当に ありがたい、幸せなことだと覚えていよう。


忙しい日本、責任感の強い日本人は、多少の風邪なんかじゃ
仕事は休んでられないムードかもしれない。

でも、体を壊してまで、成し遂げなければいけないものは、
この世に、何1つないと断言したい。

体あってこそ、お金も稼げるし、恋も出来るのだ。


風邪を引かせてもらえることに、感謝して、グスンときたら、
しっかりと休もう。

みなさまも うひょうひょな 休養を♪



ーーー

↓ぶちっと愛のひと押しお願いします♪ ありがと~★
人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-22 11:31


風邪

風邪をひいてしまいました…

すごい元気だったのに、急に、風邪の症状が出て、ダウン。

しばらく ドロン!(わざと) だけど、めんご!(わざと)


さら


ぶちっとひと押しお願いします。↓
人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-19 03:35


古い他人書

古い自分のイメージを書き換えていくこと… について
前回のブログで書いたが、自分と同様、人についての過去の
イメージを書き換えることも大切だ。

私は、小学校1年生のときに、私を仲間はずれにした
愛ちゃんを、今でも、「いじわるな人だ」と思っている、
困ったちゃん(わざと)である。

いい年をして、また 同じように仲間はずれになんかするわけ
がないのに、彼女のいじわるなイメージを壊せない。

なぜ、悪いイメージを壊せないか?

嫌な人だから、もう付き合わない!と、距離を置いた結果、
新しい情報に書き換えるチャンスも失ったのだ。

いじわるな愛ちゃんと関わるとロクなことがない…

子供心に、こういう思いを抱き、彼女に近づくことがなくなり、
いまだに小学校1年生のまんまのイメージを根強く私に持たせる
結果となってしまった。

誰かにネガティブな感情を抱いたとき、距離を置くことで
冷静に考える時間をもてるという意味では良いことだが、
それによって問題が解決されることは、まずない。

でも、私は過去に、この「距離を置く」という行為を何度となく
行ってしまったため、悪いイメージのまんまの人たちが
かなり列をなして並んでいる。(T-T)

これは、とっても悲しいことだ。
何が悲しいって、自分の心が嬉しくない。

だって、その人のことを思うだけで、ネガティブな感情を
思い出してしまうのだから、精神的によろしくない。

人は誰でも、日々、学んでいる。
だから、過去に何か嫌なことをされたからといって、その人が
そのまんまの状態で止まっているわけではないのだ。

私も、前回ブログを更新してから、たった何日間だけど、
ココッキを書いて、人と会って話し、本を読んで自分と向き合い、
違う人になっている。

特に、4月25日に、大きな大きな気付きがあってから、全くの
別人だ!と言ってもいいほど、変化を遂げた。

だから、もし、私が、1年前にとった言動で、誰かが、
「さらちゃんの言動は間違ってる!」と、批判し、怒っていると
しても、大変申し訳ないが、その1年前のさらちゃんは、
もう存在しない。

つまり、1年前の私に怒るということは、亡霊に怒っているような
ものであり、空気にパンチし続けるという、とても無駄な行為だ。

1年前の行為を、私が「あれは良くなかったな」と、反省していたら
尚更のこと。 私だって、ちゃんと省みて、学んで、成長している
はずだ。

だから、同じ行為は、もう絶対繰り返したりはしないだろう。

でも、その怒っている人が、コミュニケーションをとらずに、
1年前の私のイメージのまんま、私と距離を置いてしまったら…

それは、とても悲しいことだと思う。
私も、ベストを尽くして、学んでいるし、生きている。

話し合わずに、距離を置かれるということは、新しい自分を
シェアするチャンスを失ってしまうのだ。

一生懸命、成長しようとしているのに、過去のあんたはこう
だったから!と、切り離されると、とても悲しい気持ちになる。

不良少女が更生したのに、いつまでたっても、その変化を
認められず、悔しい思いをするような感じだ。

相手を理解するためには、話し合うのが1番いいが、
どうしてもそれが出来ないなら、自分で作り上げたその人の
悪いイメージの書き換えを、意識的に行う必要があると思う。

人も、他人も 日々、変化していて、学んでいることを
しっかりと知ることだ。


過去、誰かがとった言動に、怒り続けるということは、
本当に愚かなことだなぁと思う。

そんな人は、もう存在しないのだ… ということを
理解するまで、私達は苦しみ続けることになる。

古い自分書を書き換えたら、過去にこだわっていた他の人の
イメージも書き換えよう。

それは、いい人になるためにする事じゃない。
自分の心が軽くなるためにすることだ。

今をしっかりと生きるために、古いものを持ちすぎないように
したいもの。


みなさまも うひょ・うひょな 過去の清算を♪


^^^^^

いつも応援ありがとー! ぶちっとひと押しお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-14 16:22


HP復活!

ようやく、ドメインの移転も終わって、なんとか かんとか
HPが見えるようになりました。

遊びに来てくれてた みなさま~ ご迷惑おかけして
ごめんね~♪

明日は、ブログ更新をする予定なので、また読みに
きてください。

とりいそぎ、今日はお知らせまで~


うひょ・うひょな毎日を~♪

さら

ーーー

ぶちっと愛のひとおし、お願いします~っ
人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-11 16:12


古い自分書

【お知らせ】
現在、HPが一時的に見れませんが、近日中に復旧予定です♪

ーーー

先日、私のかかっている中国医が とても うなずける話しをしてくれた。

「さらさん、中国医学について書かれた本はね、8千種類以上も
あるんですよ。 でもね、その殆どは、大昔に書かれたもので、
今現在の生活に、そぐわないものが多いんです。

例えば、昔は、飛行機がなかったから、食べ物は地で採れた
ものを食べるしかなかったですよね。 でも、今は違う。
北極でマンゴーを食べる事も可能なんです。

そして、昔に比べて、交通が発達したこともあって、運動量が
少なくなったんですよ。昔は歩くしか手段がなかったですよね。

あとは、環境汚染。 昔より、随分、土、水、空気が汚れてます。
だから、野菜などの栄養価が大幅に違いますよね。

こういうことを踏まえて、昔に書かれた文献、そのままを実行
するのではなく、今現在のライフスタイルに合わせて、
それを変えていかなくては いけないんですよ。」

私は、ほんと その通りだ! と、大納得。
というのも、おととし、アメリカへキャンプへ行ったとき、
この、昔と違うという、現実を目の当たりにしたからだ。

キャンプ場から、少し歩いたところに、インディアンの人達が
今でも儀式をしているという、聖地へ偶然、たどり着いた私。

その場所は、今でも ある一定の期間だけ、そのインディアン
たちが薬草を採るために保護されているらしく、それを説明する
看板が、入り口に立てられていた。

その看板には、30年前の写真と、今現在の写真が並べて提示
してあり、たった過去30年の間に、どれだけの変化があった
のかが、一目瞭然だった。

30年前の写真は、花が咲き乱れ、まるで楽園のよう。
それに比べて、30年後の現在は、ぽつん、ぽつんと、花が点在
している程度で、たった30年で、その違いの大きさに驚かされた。

酸性雨などの問題で、ここまでの環境汚染が進んでいるとは…

あまり、身近なこととして 感じられなかったが、私が生まれた
当初と、今では、大きな違いがあるということだ。

だから、私の中国医のいう、食事も現在のスタイルに合わせて
変えていかなければ、どんな素晴らしい食事療法も、栄養不足
になったり、かえって、体によくない結果にもなりうる。

この中国の文献などは、ゼロが二つ付くくらい、古いものもあるの
だろうが、たかが、30年でこれだけ違うのだから、30年ほど前に
良いといわれていた、栄養に関することでさえ、もう合わないという
ことなのだ。

こういう現実を踏まえて、どんなに良い食事療法なども、いいとこ
取りだけして、今現在の生活に、改善していく必要があると思う。

30年前に書かれた栄養学の本のように、私達も、自分の
ことについて、古い考え方を持っている。

例えば、昔、親から、「お前は○○だからダメだ!」 と言われた
ことなどを、ず~っと覚えていて、自分でも それを信じ込んで
いる、とっても 物持ちの良い人なのだ。

小さいころ、親から認めてもらえなかったことや、下された判断
を起源に、小学生、中学生、高校生と、その当時、失敗したこと
など、ずっと、ずっと 覚えていて、古い考え方にしがみついている。

でも、私達は日々、成長していて、もう、小さいころ悩んでいた
ことなどは、何でもなく こなせてしまう。

親から出て行け! といわれたら、「はいはい、出て行きますよ」
といって、電車なり、車を運転してなり 出かけていけるし、
友だちから 仲間はずれにされたって、やめて!と言うなり、
そんな人と付き合わないでも、他にも世界はあるはずだ。

でも、そのとき感じた恐怖が、私達を いまだに縛り付けている。

10年前のあなたは、今のあなたとは全く違う。
相当、成長している。

だから、古い自分学について書かれた本は、書き換えをした方がいい。

私達が、自分自身に対してや、これから起こす行動に自信が
もてないのは、この今の自分に合わない、「自分とはこういう人」
という、決め付けが原因だ。

この、決め付けがある限り、前回のブログで書いた、夢デパから、
決め付けどおりの現実が届けられてしまう。、、

包みをあけて、「そうなの。私って、こんなちっぽけな人なの…」
と、つぶやくハメになるのだ。

古くなった考え方は、置いていこう。
そして、新しく成長した自分に書き換えていこう。

古い経験は自信に変えていけばいいのだ。
自分を責める道具として、使っても、何も得はない。


みなさまも、うひょ・うひょな 新らしい自分書を♪


ーー

いつも応援ありがとう★ ぶちっとひと押しお願いします!
人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-05 14:59


HPが見れないのは…

★重要なお知らせ★

現在、新しいウェブホスティングの会社に変更し、
ドメイン移行作業に伴い、一時的に私のHPが見れなくなってます。

分からないことが多くて、ちょっと手間取ってるのだけど、
なるべく早く復旧させるので、もう少し待っててね★

せっかく遊びに来てくれたみなさま、すんまそん!(わざと)

今日は、ブログもアップする予定なので、日本時間の夕方くらいに
また覗いてやってください。


では いつも応援ありがとう♪
ついでにぶちっとひと押しお願いします。

人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-05 05:26


ティラミスは…

今日のカナダは快晴!
そして、カナダという国が誕生した日。

ハッピーバースデー・キャナダァ♪

本当に気持ちの良い1日で、幸せなものが、どんどん目に
飛び込んできた、うひょ・うひょな日だった~。

先日、食べるのが怖い…といっていた、ティラミスの
結果報告を、HP内のダイアリーにアップしてあるので
見てください。

ダイアリーは、毎日だるい、疲れがとれない…と思っている人、
是非みてほしい内容でっす。

では、すんばらし~ 週末を★


■うひょ・うひょ倶楽部ダイアリーをクリックしてね。

^^^
いつもクリックありがとう! 今日もひと押しお願いしま~す♪♪
人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-02 15:31


夢デパ★

あなたが望んだものが、今の あなたの現実です。

こういう言葉を聞いて、「えー!絶対、違う~ こんな現実望んでない!」
と、雄たけびを上げてしまう人は多いかもしれない。

でも、実際、わたしたちが望んだものだけが、わたしたちの手元に
届けられ、私達の現実を創っているという、事実を知らないと、
やっかいなことになる。

私達が、どうやって、今いる現実を手に入れているかというと、
「夢デパート」 という、お金の必要ない、ありとあらゆるものが手に入る、
超便利デパートに注文して、そして それが届けられるのだ。

この夢デパ。 お金が要らないのに、何でも手に入るなんて、かなり
便利で理想的なところだと思いきや… 1つ落とし穴がある。

注文の仕方が、ちっとばかし、難しい。

ある日、花子さんが、このデパートに電話して、「カシミアのセーターを
お願いします」と、注文した。

電話に出たオペレーターは、「花子さま、いつもありがとうございます。
確かに、ご注文の品はお受けしましたので、3日以内にお届け致します。
もうしばらくお待ち下さいませ。」 と、注文を受けてくれた。

3日間、カシミアのセーターを、心待ちにしていた、花子さん。
ピンポーン!と、宅急便で届いた箱を開けてみると、中には…

ボロボロで 着古した、アクリルのセーターが1枚… Σ( ̄□ ̄||)

怒った花子さんは、夢デパに抗議の電話。
オペレーターに、「注文間違ってますけど!!」と、怒りをあらわにする。

オペレーターは、いたって冷静に…
「花子さま、恐れ入りますが、注文されたとおりの品を お届けさせて
頂いております。」 と、答えた。

「間違いを認めなさい!」 ますますヒートアップして怒る花子さん。
そして、電話でのやりとりのテープを聞かせられることになる。

・・・テープ開始・・・・

「花子です。 えっと… 私には、高級なセーターなど着る
価値がありませんので、ボロボロで、着古したアクリルのセーター
を下さい。寒ささえ しのげればいいのです。私はそんな人間です…」

確かに、それは花子さんの声。
カシミアの「カ」の字も出てこない。 一体、なぜ??

この夢デパ… 
注文する際、口から発せられる音を認識できないのだ。

口では、「カ シ ミ ア」  と、パクパクさせていても、心の奥底に
ひそむ、潜在意識の声だけを 聞き取って、受注書に、その
本当に思っていることが、書かれてしまう。

そして、発送センターでは、その受注書に基づいて、荷造りが
行われ、それが、注文した人のところに 送られていくのだ。

つまり、お金持ちになりたい! とか、パートナーが欲しい!とか
口で注文していても、心の奥底で、

「私は、お金を持つ価値がない… 私は結婚してやっていく自信
がない…」 などと思っていたら、受注書には、そのように書かれ
てしまい、口とは違った現実が届けられるのだ。

殆どの人は、口から発せられた言葉だけが本当だと思っている
ため、潜在意識の声に、中々気付けない。

望んでいる現実と、今、自分がいる現実との間に、大きなギャップ
がある場合、この、心の奥に潜む、やっかいな声に気付く必要が
ある。

そこには、大抵、「自分には価値がない。ダメ人間だ…。」 
という、悲しい自己批判が存在し、夢デパへの注文を狂わせて
いる、大きな要因となっている。

まず、自分で自分に下している、自己評価に気付いてみよう。

それが分からなければ、変えようがない。
でも、それが分かれば、どんどん 変えていける。

そして、夢デパから、自分が望む現実が届けられるのだ。

ちなみに、人間は間違いを犯す生き物なのだが、この夢デパ…
絶対の絶対に、受注間違いはない。

「夢デパー!注文間違ってる!」 と、怒る暇があれば、自分の
注文書の真偽を探っていった方が早い。

心の奥に潜む、本音を見つけてみよう。
そして、夢デパに、再受注してやろう。

何歳からでも 受注のやり直しは出来る。
年寄りにも 優しい夢デパだ!(* ̄m ̄)プ


みなさまも うひょ・うひょな 夢デパ・注文を♪


ーーーー

愛のひと押しお願いします! いつも応援ありがとーっ
人気blogランキングへ
[PR]
by uhyouhyoclub | 2006-07-01 11:45

    

読むだけで何かが変わる不思議なブログ。沢山の方へ、うひょ・うひょ菌が飛んでいくように、プロのハッピーコーディネイターとして、私の心の記録(ココッキ)を残します。
by uhyouhyoclub
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31