CoCo★Key カナダで綴る心の記録 ~幸せの「うひょ・うひょ菌」培養計画書~


ラッキー☆コトダマァ

今日は、コーヒー友のさよちゃんと、IKEAへ車で繰り出した。

IKEAの前に、腹ごしらえってことで、別のコーヒー友、ノブと一緒に
ランチを食べるため、モールの駐車場へ向かった。 

ここは、駐車場が見つけられないことで、有名なので、さよちゃんとも
その話しになったのだが、「大丈夫よ~、すぐ見つかるよ。 
だって、私はラッキーだから♪」 と宣言しておいた。

そうしたら、駐車場に着いてすぐ、そのラッキーなことは現実化した。

すぐ、空いているスポットが見つかったのだ♪


その後、IKEAの駐車場に入ったら、土曜日の夜と言うこともあり、
結構な車の量。

でも、「大丈夫。私達はラッキーだから♪」

と宣言しておいたら、入り口近くのスペースから出てくる車に遭遇し、
すぐに 車を停めることが出来た。

私は、駐車スペースを見つけたりすることで、困ったことがない。

心の底から、大丈夫だ~♪ と思っているので、探しても中々見つからない…
なんていう、困ったような現実がやってこないのだ。

帰りの車の中で、さよちゃんと、「言霊ってあるじゃない? 言葉に出して
宣言することって大事だよね。きっと現実化するからね~」 と、話した。

私は自営業なので、誰もお給料というものを 払ってくれない。

だから、「きっと うまくいく。 大丈夫♪」 「私はラッキーだから♪」と
いう言葉を、心から信じていないと、きっと 不安で大変だと思う。

この言葉を発することで、私の人生は、本当にラッキーなものになっている。

ラッキーだ! と言う人が、ラッキーな現実を引き寄せる。

当たり前のようだけど、心の底から信じきっている人が少ないのがコレ。

イライラや不安を深呼吸で吹き飛ばし、ラッキー宣言を開始しよう。


みなさまも うひょ・うひょな ことだま宣言グセを♪


ちなみに…
私の別ブログで、さよちゃんがラッキー遭遇する様子が徐々にあばかれて
いきます。 続きものなので、11月12日の日記、その1 から読んでね♪


ーーー

さらちん、ラッキー宣言するざます~!って鼻息、荒々な方、クリックプリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-11-12 20:15


別ブログで…

実は、わたし、別ブログで、しょうもないことを、毎日、アップしてます♪

時には、なんにも考えないで、普通のカナダの日常でも
読んでやってちょうだいまし☆


今日の話題は、同じアパートに住む、ビックリおじさん、ジェリーの巻。

■BLOG・うひょうひょ倶楽部(カナダの日常)

さらちん、別ブログも ブラっと寄ってみるさ~って方、ぶちっとプリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-11-11 16:38


マイケル君とヨガる の巻

私のヨガの先生、マイケル君のレッスンは、相当、イカす!(わざと)

マイケル君は、呼吸法を中心に、無理なくストレッチさせてくれ、彼の ほんわかした
雰囲気が、心からリラックスさせてくれる。

でも、そのヨガスタジオは、結構、車の行き来が激しい通りに面しているため、
窓を開けていると、車の音が良く聞こえてくる。

ある時、マイケル君が こういった。

「人の話し声も、車の音もパワフルなエネルギーの1つなんですよ。
この町にあふれている、そのエネルギーを感じて下さい。」

ヨガというと、静寂に包まれて、行うのがいいような感じがしていたので、
マイケル君のこの言葉は、結構、目ウロコだった。

ヨガのポーズをとりながら、マイケル君がいったように、車の音や人の話し声を
パワフルなエネルギーとして捉え、何も抵抗しないで、耳にすーっと通すように
したら、とても気持ちよくヨガを楽しめた。

田舎へキャンプに行って、久々、わが町へ帰ってくると、車や人が多くて、
ビックリすると同時に、いつも、ほ~っとする自分がいる。

何でなのか、あまり良く分かっていなかったけど、そういう人の多さも、車の音も、
パワフルな「活気」として、捉えられているからなのだと思う。

田舎の静寂さも、すごい好き。
都会のにぎやかさも、また 好き。

カナダも好き。
日本も好き。

どこにいても幸せを感じられる自分でいられるというのは、本当に嬉しいこと。

場所や人を選ばずに、自分らしさを出せるというのも、また、幸せなこと。

車の音や人の声を、騒音として捉えるのも自分だし、パワフルなエネルギーとして
捉えるのも、また自分次第なのだ。

マイケル君のヨガを通して、環境のせいにせず、自分を幸せにすることを、
また思い出させてもらえて、うひょ・うひょ だ~い♪


ーーー

さらちん、環境じゃないねぇ~ 自分だねぇ~って方、クリックプリーズ☆
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-11-10 16:21


サポート・ショッピング♪

夫と結婚して、1番よかったな~と思うことは、買い物の仕方を学べたこと。

買い物の仕方といっても、いかに安く買うか…ではなく、どのような目的を
持って、その商品にお金を費やすか…ということだ。

夫は、物を買うとき、よく、「サポート(支援)する」 という言葉を使う。

私たちがお金を払うということは、作った人、作った町、作った国を、
サポートすることを意味する。

最初、夫に、「こっちの洗剤を買いなさい」と言われたとき、隣のものより、
ちょっと値段が高いのに、どうして? と思ったけれど、カナダ人である夫は、
カナダで作られた製品を買って、少しでも国の経済をサポートしようとする。

サポートするのは、経済だけではない。

洗剤にしても、どれだけ環境の事を考えて作られているか、会社のポリシーを
見て、そういう会社を、「サポートする」買い方をする。

野菜にしても、大きな会社から届けられた、大量生産の袋入りのものよりも、
地元の小さな農家の人が作った野菜を買うことで、ローカルの農家の人たちを
支援していこうという考え方なのだ。

日本にいるときなんて、どこの国の人が作ったとか、どういう背景の下、その
商品が作られたか… なんて、一度も考えたこともなく、ただ、パッケージが
可愛い♪ くらいの理由でしか、商品を手に取らなかった私。

でも、夫と10年、一緒に買い物をしていたら、自然と、このサポートすると
いう買い物の仕方が身に付いてきたように思う。

最近、「フェアトレード」という言葉が、少しずつ浸透してきたように思うが、
聞いた事のある人もいるのではないだろうか。

フェアトレードとは、文字通り、公平な取り引きのこと。

発展途上国などの貧しい国の人たちは、一生懸命、作物を作ったり、布を
織ったりしているのだが、お金持ち国の大きな会社が、その物品を、不当に
安い値段で仕入れ、殆どの利益を、丸儲けしているという、悲しい現実がある。

犠牲になるのは、小さな子供たち。

5歳にも満たない子供達が、奴隷として売られ、カカオ農場などで、朝から
晩まで働かされ、虐待され、チョコレートの元になる、カカオが作られる。

普段何気なく食べているチョコレートは、そんな子供達の労働の元に
作られていることを、知っておいた方が良さそうだ。

なぜ、不当な労働を強いられるか。

それは、先進国が正当な取り引きをしてくれないばかりに、少しでも賃金を安く、
経費を削らなくては、やっていけないからだ。

強いられるのは、労働だけではない。

発展途上国の農園で、シャワーのようにかけられる農薬を浴びて、肌が
ボロボロになり、成長する前に死んでしまっている子供達が沢山いる。

もちろん、犠牲になるのは子供達だけではない。

不当な取り引きを強いられ、そして、農薬を買うお金がないと自殺する人、
農薬を使ったばかりに、村全体の飲み水が汚染され、そこでは もう
生活できなくなった人… など、私たちが知らない所での被害は大きいと聞く。

オーガニック野菜の栄養価は、普通のものと変わらないとか、色々と論議
されているけれど、オーガニックでフェアトレードの製品を買う と言うことは、
栄養価がどうとかより、何か大きなサポートにつながっているような気がする。


私たち夫婦も、全ての製品ではないにしろ、なるべく表示を見て、オーガニック
で、フェアトレードのものを選ぶようにしている。

もちろん、支援したいという気持ちもあって、そういう製品を手にするわけ
だけど、オーガニックのチョコレートを一度食べると、もう、普通のチョコが
食べられなくなるくらい、美味しいので、多少高くても、それに手が伸びる。

支援するとか、環境保護とか、ちょっと苦手だわ… という人がいてもいいと
思う。 私も昔は、何も興味がなかったし、どこか変わった人が、環境問題を
考えるものだと思っていた。

だから、サポートとか、環境問題とか難しいことを考えず、美味しいから♪
可愛いから♪ という単純な理由で、フェアトレードの製品を手にする事から
始めてみて欲しい。

それが、自然と、誰かをサポートするようになっている。

お金を払うのではなく、お財布から出して手渡すという好意は、誰かを
支援して、幸せにしていることになるのだ。

ちなみに、私が今、信じられないほどハマっているコーヒーは、メキシコ、
チアバス州で取れた、オーガニック、フェアトレードの豆。

このコーヒー豆は、熱帯雨林を保護しながら、作られたそうだ。
パッケージに、熱帯雨林保護マークが付いている。

消費者がその豆を買うことで、収益の一部が、熱帯雨林を保護するために
使われているのだと思う。

毎朝、信じられないほど幸せ~な気分にさせてくれる、一杯のコーヒーを
私が飲むことで、それを作った農家の人や、熱帯雨林が守られていくなんて、
本当に嬉しい。

美味しいものを食べて、世の中の人に、その幸せが飛び火していくことを
想像しながら、明日も、おいし~コーヒーを飲もう。

みなさまも、時々は、支援するショッピングを♪



※カカオ農場で奴隷として働かせられている子供たちの現状です。
■チョコレートを知らない子供たち


ーーー

さらちん、フェアトレードって イカスね!(わざと)って思った人、クリックプリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-11-08 16:32


あっ、そ!

人と違う意見を持つことは、自分のバウンダリー(領域)を持つことです。

自分の領域を持つこととは、どこからが自分の人生で、どこまで他人の人生
かを、しっかりと自覚すること。

パートナー同士や親子など、自分と近い関係にある人たち同士は、この
境界線を超えてしまいがちになる。

でも、領域をしっかり持つことで、他人との揉め事は、めっきり減るし、
たとえ、あーだこーだ言われても、大丈夫な強さが出てくる。

私は、以前、誰かと反対の意見をいうと、その人を批判しているように聞こえる
かも… などと余計なことを思って、「私はこう思う」ということを、いえないことが
あった。 たとえ、自分の意見を言う時でも、少し罪悪感を感じていた。

人と違う意見をいうとき、私が感じる罪悪感の出元は、その人の意見も
私の意見と同様、価値があるもので、素晴らしいものだ ということを
認め切れなかったこだと思う。

「そういう意見もあるね。それもアリだね。」

こういう言葉が、自分と他人との境界線を、はっきりと引いてくれ、その
違う意見を持つ人も、しっかりと尊重出来るのだ。

この境界線が引けたら、もし、他人から批判されたりしても、心が揺れまくる
ことなく、冷静に考えられるはずだ。

他人は好き勝手いうものだし、その口を押さえることは不可能だ。
そうしたら、自分の考え方を変えるしかない。

他人からあれこれ言われることは、耳には入ってくるが、それを受け取るか
どうかは、自分次第であり、選択出来るのだ と、しっかりと知ることだ。


誰かから何かを言われて、とことん落ち込んだり、怒りまくったりするときは、
自分の領域を示す線が、引かれておらず、他人が、どんどん踏み込んで
来ているような状態だと思う。

落ち込む、怒るというのは、「あなたの意見を全面的に受け入れます。
私の人生を差し上げます」 と言っているのと同じこと。

その言葉が嫌なのであれば、受け取らなければいいだけなのだ。

「そういう意見もアリね」 なんて、すばらしい言葉を言い難い相手も
いるかもしれない。

そういうときは、心の中で、「あっ、そ! ふ~ん。」 と呟いておけばいいのだ。
こんな言葉だけど、これだけで、自分と他人との境界線が引ける、
マジックワードだと思う。

この言葉を言って、しっかりと、自分を守って、相手を分からせてやろうとか
変えてやろうなどと、無駄なエネルギーは、使わない方がお利口さんだ。

どんなにバカバカしい意見であっても、その人だって、その意見を持つ
権利がある。 ただ、受け取らなければいいのだ。


みなさまも し~っかりと、自分の境界線のマーキングを♪


ーーー

「あっ、そ!」で、乗り切ってみるか~って人、ぶちっとプリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-11-06 14:13


朝のルーティン

ここ何ヶ月か、私の、毎朝のルーティン(日課)が決まってきた。

朝起きて、ふわぁ~と、伸びをしながら、まず、カーテンと窓を開けること。
そして、我が家は、フレッシュな切り花を欠かさないことにしているので、
二箇所に置かれた、その花瓶の水を変えて、綺麗な水にすること。

そのあと、お仏壇のキャンドルに火をともし、お香を炊いて、果物を供え、
夫がいたら、二人で、手を合わせること。

ん!? さらちん、無宗教でっしゃろーっ!! と、つっこみが入りそう
なのだけど、その通り、私は無宗教なのだが、我が家には、なんちゃって
仏壇がある。

というのも、夫のママが、ベトナム産、翡翠(ひすい)で出来た、仏像さんを
くれたのだが、我が家のインテリアに合わないー!ってことで、長い間、
見えないところに置かれていたのを、先日、ひっぱり出してきて、
超なんちゃって仏壇を作ってみたのだ。

b0079374_156711.jpg


仏壇風なものがあると、何だかニッポンジンの私としては、手を合わせたく
なってしまい、夫もつられて手を合わせ、毎日、守ってもらっている感謝の
気持ちと、家族みんなの幸せを願っている。

その後、いつも、水を一杯飲んでいたのだが、どうせ飲むなら、栄養も
つけたいと、野菜ジュースを作ることにした。

癌予防に効くという、青汁の野菜、ケール(本物は苦くないのだ)、人参、
りんご、キャベツ(胃に良い)を入れて、グォーッと、ジューサーで
美味しいフレッシュジュースを作り、夫がいたら、乾杯するとき、
「健康と長寿を願って!」とか、あやしい呪文を唱えつつ、ぐぐぐーっと
飲み干す。

私は、このジュースを作り始めるときに、大好きな音楽をかけながら、
キッチンに立ち、そのまま、朝ごはんを作っている。 

音楽も私にとっては、すごーく重要。
今、ハマっているのは、小野リサのハワイアン♪

ボサノバだけど、ハワイア~ン♪なところが、めちゃくちゃヒット!
お香の香り、朝の光、元気になる音楽、これだけで、私の朝は、
結構、ごきげんさん♪ だ。

みなさまも、うひょ・うひょな 朝の日課を~っ


ーーー

さらちん、朝は大事だよねぇ~って思った方、クリック・プリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-11-04 15:27


バイオグラフィー(自分史)

ずっと開けなかったHPだけど、昨日、おうちカフェで知り合った、
美女コンピューター技師、2人組みが うちに来てくれて、
直してくれた。 感激…(T-T) ありがとー!!

そして、ずっとやりかけて そのまんまにしていたリニューアルも
同時に終わらせることが出来た。 

これも、お片づけ大会のお陰。
家の中をすっきりと片付けたら、HPもきちんと片付けたくなったのだ。

まだまだ工事中のページが多いけど、レイアウトを見やすくして、
古くなった情報や、ごちゃごちゃしていたページを削除。
自分なりに好きなページに仕上がったと思う。

リニューアルに向けて、私の自己紹介のページに、私が歩いてきた
軌跡を、Biography として書いてみた。

改めて、自分の人生をふりかえってみると、常に色んなことに
チャレンジし、苦難を乗り越え、そして、一生懸命、生きていることがわかる。、
お陰で、少し自分のことを見直せた。

本当に色々あったけど、何だかやけに味のある、山アリ谷アリな
私の人生が、とても好きだなぁと思える。

今、私の周りにいてくれる夫や、素晴らしい友人達との出会い。
バイオグラフィーに書かれた出来事、どれか1つ欠けても出会え
なかった貴重な縁だ。

カナダに渡ってきて、何にも無いところから1人で立ち上げた
仕事も、常に人からのサポートを受けて、ここまで来れた。
本当にありがたい。

この2,3年、この先、私の仕事がどんな風に広がっていくのか
見えなかったのだが、今手にあるものに集中してこなしていったら
近い将来、何がしたいかもクリアに見えてきた。

2007年、2008年・・・・ 2020年と、どんどん私という人が
歩いた軌跡が、ここに添えられていくなんて、感動してしまう。

私たちは、何にも成し遂げてないと思ったり、変化も何もないと
考えているかもしれないが、実は、ちゃんと色んなことをやって
いるものだ。

ちょっとペンをとって、自分のバイオグラフィーを書いてみよう。
自分でいることが、嬉しくなるかもしれない。


みなさまも たまには 人生を振り返る時間を♪


◆私のHP内、about me をクリック。Biographyが読んでもらえます。
こちら

ーーー

さらちん、私も人生ふりかえってみるよ!って方、クリックプリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-11-02 17:30


ワタシの時間

時々、「え?もうこんな時間!?」と、時計を見て驚くことがある。

あっという間に1日が終わり、「ああ、忙しいなぁ…」と、つぶやいてしまう。

この「忙しい」という言葉が出る時は要注意。
自分の時間の使い方を見直した方がいいという合図!

なぜなら、人がするべきことを肩代わりしている可能性大・大・大!だからだ。

人がすべきことの肩代わりとは、例えばこんなこと。

誰かに任せないといけないことを、その人がちゃんと成し遂げられるか
信用できないばかりに、自分で全部引き受けてしまっている状態。

会社であるなら、部下に回すべき仕事を、間違えると後が大変だから、
私がやったほうが早い!と言いつつ、全部自分で背負い込む人。

家庭でも、「家族の誰かに何かを頼んだって、どうせ、ちゃんとできない
だろうから、私がやるわ!」と、自分ひとりで荷物をしょいこんでいるとき。

また、人から良い評価を受けたい気持ちから、ついつい、自分の時間を、
その人に奉仕することに、使うときもある。  

人のすべきことの肩代わりは、行動だけではない。
その人が考えるべきことまで、その人の代わりに考えている状態も入る。

例えば、何であの人は、そんな行動をするのか? どうやったら あの人の
言動を改めさせることが出来るのか?? 

などと、その人が自分で学んで、成長していけばいいことまで考えて
イライラし、「アイツには、こんな風に言って分からせてやろう!」と、
昼夜、自分の頭の中で、作戦会議にいそしんでいる状態だ。

こんなことを考えていたら、テレビを見ていても楽しくないだろうし、
美味しいご飯だって作れない。 時間もあーーーっという間に過ぎ去る
のも仕方ない。

前回書いた、エネルギーの使い方とも重なるが、人が考えるべきことまで
考えていたのでは、いくら時間があっても足りはしないし、エネルギーも
バンバン消耗してしまうはずだ。

「忙しい!!」 という言葉が出たとき、1度、自分の時間の使い方を
見直してみることをオススメする。

時間というものは、自分だけのために使っていれば、
ちゃんと足りるように計算されて、与えられているように思う。

自分だけのために、自分の時間を使う。

これが、シンプルで気楽に生きるコツかのかも。


みなさまも 脱・忙しい人生を♪


ーー

時間の使い方、見直してみるか~って人、クリックプリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-10-31 08:04


エネルギーの使い方

今日わたしは、自分の無駄なエネルギーの使い方に気付いてしまい、
ぐわわーーん!Σ( ̄□ ̄||)となってしまった。

人を自分の思うように変えることに、エネルギーを使い果たしていたのだ。

例えば、夫に、うどんを作ったときなど、「出来たよ~」と言ってから
食卓に着くのが、本当に遅い。 麺大国から来た日本人の私は、ここで…

「冷めちゃうでしょ! おまけに伸びちゃうぢゃん!!!!」
と、フガフガ・イライラ してしまう。

それから、何度も「早く食べてよ」と言っても、夫は緊急でない電話を
切らなかったり、ネットサーフする手を止めなかったりする。

熱いものは熱いうちに、麺は少し固めのアルデンテで~♪
なんて、カナダ人の夫は、まったくお構いなし!

カナダの家庭は、熱くても、冷くても、伸び伸び麺でも 平気なのが普通
なので、そんな環境で育った夫も、まったく気にしてない様子。

これに気付いて、大分、気にしないようにはしていたのだが、
一生懸命おいしい料理を作って、美味しい状態で食べてもらいたい!と
いう気持ちが、中々消せなかった。

しか~し…

自分の中にあるエネルギーってのは、電池みたいなもので、1日に製造
する量は、限りがあるのだと気付いたら、今まで何やってたんだー!と
愕然としてしまった。

エネルギーが100%あるとしても、人を動かそうとしてイライラすると
一気に50%は減ってしまう。 怒るというエネルギーは、かなり
消費量が高いのだ。

このエネルギーは私に与えられた貴重なものなので、私が楽しいと
思うことに、是が非でも費やしたい。

「うどん出来たよ~。食べてね~♪」

と一言いったら、あとは、お好きに…ってな感じで、私の貴重な
エネルギーは、とっておくに限る。 そのエネルギーがあったら、
美味しいお菓子を作るとか、面白いテレビをみるとか、友達に
メールを送るとか… 色々と楽しいことに使えるのだ。

でも、大切なのは、言葉を選んで、自分の意思を伝えること。

その後、その人がどう行動するか、どう感じるか なんて、もう
私の知ったこっちゃないのであ~る。

マナーのない人をみては怒り、サービスが悪いと店員をなじり、
一体、どれだけのエネルギーを無駄にしているのだろう。

マナーのない人なんて、ふ~ん… で済ませばいいし、
機嫌が悪い店員なんて、ほうっておけばいいのだ。

こんなことで自分のエネルギーが減って、その日に出来る楽しいことが
体験出来ないとしたら、本当に、もったいな過ぎる。

もう人のことなど ほうっておこうと心の底から思った。

夫よ、あんたは 今日から そうめんが、きしめんの太さまで成長した
伸び伸び麺を食べるがよい。 この妻は、何でも 1度のみ伝言し、
エネルギーをたんまり蓄え、ますますパワーアップするからご用心★
(* ̄m ̄)プ


みなさまも 自分のために 楽しいエネルギーの確保を♪


ーーー

さらちん、エネルギーもったいなから大事に使うぜ!って人、クリックプリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-10-28 08:08


ごめんなさい の英訳は…

今日、夫と車に乗って、買い物に行っているとき、マドンナの曲が
流れていた。

タイトルは分からないのだけど、よく最近耳にする曲で、サビの部分が、
♪I don`t wanna hear, I don`t wanna know♪
っていうもの。

この曲を初めて聞いたとき、すごいビックリした。
それは、日本語で、「ゴメンナサーイ」と、マドンナが言っているからだ。
日本語のほかにも、色んな国の言葉で 謝まりの言葉が入っている。

今日、ふと注意して聞いてみたら、日本語の「ゴメンナサイ」のあとに、
英語が入っていて、それは、「Forgive me」 だった。
日本語になおすと、「お許し下さい」みたいな感じに聞こえる。

北米に住んで思うのは、カスタマーサービスに携わっている人は、
とにかく謝らないこと。

たとえ、銀行で私の口座から、30万消えていて、文句を言っても、
絶対に謝らない。 こんな大きなミスをして謝罪しないなんて、日本では
考えられないことが、こちらでは当たり前のこと。

今まで、何で謝らないのだろう…と腹立たしかったのだけど、マドンナの
曲で、ごめんなさい の訳は、お許し下さい なのだと知り、どうして
みんな簡単に謝らないのかが、少し分かったような気がした。

モラルの問題とか文化の背景とか、今はとりあえず置いておいて、
こちらの人が謝らない理由の1つとして、人に許しを請うのは、本当に、
特別なときだけなのだと思う。

まして、個人主義の国で、自分のミスではなく、会社内の誰かが
したことについて、どうして私が責任取らなくちゃいけないわけ?
って思っているのだろう。

私なんて、日本にいるとき、台風で交通機関がマヒしただけで、
お客様に、申し訳ございません って謝っていた。 天災は私のせいじゃ
ないのに…と、思いながら…。

まあ、それがいいのか、悪いのかは分からないにしろ、そんなに自分の
罪悪感を持たせて、仕事したり、人と接したりしなくてもよいのだと思った。


日本語で、「すみません」というのは、ありがとう と、ごめんなさい の
両方の意味がある。

だから、私も人とぶつかったときなど、「すみません…」 という意味で、
「Sorry」 と言ってしまうのだが、わざとやったわけでないのだし、
「Excuse me(こりゃ、失礼しました!)」 でいいのだ。

テレ講でも、偶然、今日は、海外に住むAちゃんと、「Thank you」 と 
「Sorry」の話しが出た。

Thank you は、感謝を表す言葉。 Sorry は、謝罪する言葉。

誰かに、何かしてもらったとき、すみません… とへりくだるよりも、
感謝をこめて…

「ありがとう♪」 と、伝えたい。


みなさま、今日も、私の独り言を読んでくれて、ありがとう♪


^^^
今日から、ありがとう をいう回数を増やしてみるか!って人、クリックプリーズ♪
人気blogランキングへ
[PR]
# by uhyouhyoclub | 2006-10-25 13:46

    

読むだけで何かが変わる不思議なブログ。沢山の方へ、うひょ・うひょ菌が飛んでいくように、プロのハッピーコーディネイターとして、私の心の記録(ココッキ)を残します。
by uhyouhyoclub
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30